風俗への熱い思いを伝えたくて体験談を綴っています。風俗でセカイを変えたいです!

デリヘルの良さこそ風俗の醍醐味

風俗の中でデリヘルが一番好きというか、デリヘルこそ風俗の醍醐味が凝縮されているジャンルなんじゃないかなって思いますよね。デリヘルの良さっていうのは生々しさというか臨場感というか、お店よりも興奮するんですよ(笑)どんな女の子が来るんだろうとか、自分を受け入れてくれるかなとか、ホテルで待っている時間は就職活動の面接よりも緊張しますね(笑)それで女の子がやってきていろいろと楽しむ事になるんですけど、待っている時のドキドキもあるから、それがプレイにも活きるんですよ。ドキドキ感を継続したまま楽しめるんです。これは本当にデリヘルだけというか、これこそ自分が風俗に求めている興奮なのかなって気もするんですよね。だからデリヘルが一番好きというか、デリヘルのおかげでこうやって男として満足する事が出来ているんじゃないかなって思っています。あれこれ語っていますけど、女の子を前にしたら理屈なんて簡単に吹っ飛んじゃいますしね。

風俗に目覚めたのはデリヘル嬢のおかげ

今でも忘れられない風俗嬢がいるんです。忘れられないというよりも、そのデリヘル嬢のおかげで自分自身風俗ってジャンルにハマるようになったんですよ。そのデリヘル嬢が初風俗って訳じゃないんです。でも彼女のおかげで快感だけじゃなくて楽しさとか心の底からの満足のようなものを感じる事が出来たっていうのもあるんですよ。だからその日の事は今でも覚えていますし、その彼女の事も忘れられません。ただ、その彼女とはそれきりというか、また指名しようって思っていたんですけどなかなか日程が合わないうちに彼女はホームページから姿を消してしまっていたんですよね。だから尚更インパクトがあるのかもしれません。その後も自分自身が心行くまで彼女と楽しむ事が出来ていたら別にすぐにわすれてしまっていたのかもしれないですけど、一度だけだったからこそ鮮明に覚えているんでしょうね。彼女のフェラはそれまでのフェラとはレベルが違う、初めての本物のフェラだったような気がしますし。

本物の風俗嬢だなと思った子

平日なのに次の日が有給で休みだったんですよ。うちの会社では定期的に有給を消化させるので、いきなり平日のど真ん中に有給がやってくる事もあるんです。だから次の日を気にする事なく楽しめる日だなって事で風俗に行ってきました(笑)友人たちは別に次の日も普通に仕事なんですから、自分が次の日有給だからって誘うのもちょっと気が引けたんですよね。それならって事で風俗に行ってきたんですけど、その日の相手の子はまさに「本物」というか、素人感ではなく、まさにプロ。顔に「私が満足させられない男はいない」みたいに書かれている女の子だったんですよね。そしてその表情通り、しっかりと満足させてもらいました。男がどうされると嬉しいのかを熟知しているなと。そして男の快感をしっかりとコントロールする事が出来る人なんだなと。だから彼女に体を委ねてこっちはなされるがままでしたけど、それでも本当に気持ち良かったです。やっぱり上手な風俗嬢は上手ですよ。

綺麗とか可愛いとか超えている風俗嬢

風俗嬢のレベルがかなり高くなっているっていうのはいろいろな所で聞かされるだけではなく、他ならない自分自身も風俗で実感させられているんですけどその日のデリヘル風俗嬢もかなりのハイレベルでした。可愛いとか綺麗とかって言葉さえ陳腐になっちゃうような、オーラというか雰囲気というか、それがとっても素晴らしい子だったんですよ。それだけで正直圧倒されている自分もいましたよね(苦笑)美人って存在に慣れていない自分ですから、美人が目の前に来るだけでドキドキさせられてしまいますけど、彼女は目の前どころか同じ部屋にいるだけで信じられないって状況。それがずっと続くんです。もうこっちとしても我慢出来ないっていうか、何をすれば良いのか挙動不審状態になっていたでしょうね(笑)だから実は何をされたとかは具体的にはよく覚えていないんですよ。一つだけ言えるのは、最高級の満足感だったって事くらいですね。それだけは自信を持って言えますよ(笑)